So-net無料ブログ作成

Direction225 アディス [Direction225]

Direction225

Direction225


下記のサイトで購入すると最大10000円引きになります!
Direction225




複利運用と一言で言ってもなかなか難しいですよね。

ただ、チャンスと見たら誰でも一気に資金を増やしたい!そんな気持ちは非常によく分かります。

その為にはプロが使っている資金管理法を2つご紹介します。

単利での資金管理方法
複利での資金管理方法

どちらか1つお使いになるだけで例え負けが続いたとしても、ストレスなくトレードが出来ることでしょう。

内容はこちらです。
 ・±0でも200万の損失!知らないでは、すまされない複利運用のしかたとは?
このように例え±0でも資金が減ってしまうのです。
もし知らないまま複利運用をすれば笊で水を掬うのと一緒です。勝っても勝っても資金は減っていく一方なのです。そんな状況にならないようにも知っておかなければいけない重要なことです。

Direction225

 ・複利で一気に儲けるために絶対に必要なある条件とは?
資金を一気に増やしたい気持ちはわたしもわかります。しかし、いくら資金に余裕があるからといって複利運用をしてはいけません。ある条件が、当て嵌まるかどうかだけ確認して複利運用を行って下さい。ある条件が確認が取れたのであれば、あとはいつも以上に資金が増えていくことでしょう。

 ・ドローダウンがきてもまったく動じないプロしか知らない資金管理術とは?
ファンドが破綻したという話を余り聞かない理由のひとつに資金管理術が一般の方より100倍以上も優れているからなのです。この資金管理術さえ覚えてしまえば、貴方の資金はスイス銀行並みのセキュリティシステムで守られているのと同じ事です。

 ・複利より単利の方が儲かる!?間違いだらけの複利運用とは?
複利運用をすれば儲かるよと言う言葉に騙されてはいけません。少し間違えただけで、リスクばかりを負うだけで単利で運用した方がリスクをより少なくして儲けることができてしまうでしょう。多くの方が「儲かるよ」の言葉に騙されて間違った複利運用していますが、これを聞けば貴方は、複利運用の仕方を間違う事は御座いません。

Direction225

 ・例え5日連続で負けようが、取り返せるための資金計算方法とは?
資金を取り返す自信がなから、負けると一気に取り戻そうとして枚数を増やしてしまう
気持ちはわかります。ですが、取り返すことが出来るように資金調整していけば何にも関係ないのです。かといって適当に枚数を減らしたり増やしていたりしてはいけません。
必ず計算を行ってから枚数の調整を行っていくのです。その調整さえ分かれば資金を取り返すこと等朝飯前だと思うことが出来るでしょう。負けている方の殆どが、この資金管理法を知りません。

何故なら、資金管理が相場を行う際に一番大事だと言う事を知らないから、知ろうとしないからなのです。

貴方がこの資金管理法を知って今まで行ったトレードを振り返ってみて下さい。

どれだけリスクを背負ってトレードをしていたか分かるかと思います。

何故プロがドローダウンがきても全然気にならない、ヘッチャラで絶えることが出来るのか?その資金管理をお伝えしましょう。



ルールを決めて売買をする。これをシステムトレードと呼ぶのですがわたしが、「これならばシステムトレード出来る」と自信をもてるのは何故か?

通常なら自社のお金の運用をしない投資顧問が多い中何故わたしは会社のお金がドローダウンで負けていても笑いながらトレードが出来るのか?

その全貌全てを公開したします。(変態では御座いません。)
 ・自分が納得して信用出来るシステム作成法とは?
どんな根拠で?何故このチャートをみるのか?どのようにして過去の検証をするのか?いろいろな質問があるかと思いますが、システムを組む際に、どこから手を付け、どこで完成するのか?どうして自信がもてるのか?その全てを公開します。これをマスターしてしまえば、信用出来るシステムを組むことが出来るでしょう。

 ・ファンドが自動売買ソフトを使用せずシステムトレードを使用する本当の理由とは?
もし貴方が自動売買を使っていれば危険です。自動売買ソフトを使ってファンドの資金を運用しているのは、聞いた事が御座いません。何故なら、約定したい金額で約定出来ないのをファンドの担当者は知っているからです。何故約定しないのか?この理由を知った後は、貴方は、自分でシステムを作らずにはいられくなるでしょう。

 ・裁量でもない?ルールを守らない通常では有り得ないシステムトレードを組み合わせる方法とは?
はぁ?ルールを守らないのであればシステムトレードじゃねえだろ!と聞こえてきそうですが、分かり易く言うと信号が青なら進む、赤なら止まる。これがシステムトレードですが、通常では有り得ないシステムトレードは黄色という事なのです。この意味が理解できた時
貴方は「スッキリ~スッキリ~」と大声で叫びたくなるでしょう。





日経225指数先物寄り引けトレードシステムSM DayV6

マッハ225 パニック・プロフィッター

新ナイトリッチ225

新ナイトリッチ225

日経225個人投資家のための戦略

BTF投資術 スイングトレード

決定版!日経225先物 必勝法   元証券ディーラーが手法を公開 ソフト・サポート付き
タグ:Direction225
トラックバック(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。